電気主任技術者の求人の内容

工場やビルなどの受電設備や配線など保安に従事し監督する人を電気主任技術者といいます。特に電気設備業などでは求人の需要が多くあります。社会的にも認知度が高く、「電気保安協会」がよく知られています。資格の種類は、取り扱うことができる電圧規模によって、第一種から第三種まであります。仕事の内容は、電気、衛生、空調設備の日常管理、定期点検、的確な応急対応、巡回点検を行います。電気主任技術者の求人情報を得るには、ハローワークや人材紹介センター、転職サイトで見つけることができます。気になる年収ですが、3種で400万円〜650万円位です。

電気主任技術者の仕事

電気主任技術者は各施設の電気設備の企画・立案、設計、施工、保守を担いますが、大抵の場合は一施設の空調、水槽、エレベーターといった各設備で分業されているわけではなく、電気設備全体を担います。また読んで字の如くで、電気設備の監督を担うことも多いです。求人については、電力会社勤務、企業の建設部門に所属、工場の電気設備監督等、企業に直属する場合と設備メンテナンス会社、ファシリティマネジメント会社に就職する場合の2つがあります。また風力発電施工・管理や太陽光発電保守・管理業務といった求人もあります。電気主任技術者には第一種・第二種・第三種の別がありますが、応募条件は第二種、第三種にとどまる会社が多い様です。

電子書籍と求人情報